機織り職人の仕事場から…

第5回 影山工房公開講座 “織りを伝える” 終了

f0175143_22034499.jpg
2月10日(金)~12日(日)と東京神田のTEORIYAさんを会場に
“第5回 影山工房公開講座 織りを伝える” を開催しました。

f0175143_22042291.jpg
二階のギャラリーは“織道具機料善”の道具類と、影山工房の織物の一部を展示。

f0175143_22043467.jpg
四階の講座会場は、今回は定員10名のコンパクトな構成で行いました。

f0175143_22044825.jpg
講座の資料として用いた布たちはすべて私が織ったものです。

糸のこと・柄のこと・染め方のこと・織り方のこと・仕上げのこと・
その布たちが出来上がるまでの工程を、テーマごとに丁寧に解説しました。

f0175143_22050177.jpg
資料の布は見るだけではなく、受講者がすべての布を手に取って感触まで確かめられるようにしました。

話があまり硬くならないように脱線話なども考えていたのですが、
受講者の熱い思いがビンビンと伝わってきてとても横道に逸れるような雰囲気になれず、
各講座ともあっという間に1時間半が過ぎてしまいました。

受講して下さった皆さん、ありがとうございました。
今までに行った5回の講座の中で今回が最も充実感を味わうことが出来ました。

この講座は今後も続けていく予定です。
今回受講できなかった方は、ぜひ次回は早めのお申し込みをして下さい。
さらにバージョンアップした内容を用意してお待ちしています。





[PR]
by kageyama_kobo | 2017-02-13 22:46 | 仕事のコツ