機織り職人の仕事場から…

<   2017年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2017.4 奈良 五風舎 公開講座+織りもの展 終了

f0175143_23103026.jpg
奈良公園の東大寺戒壇院にほど近い水門町のギャラリー五風舎。
影山工房公開講座は5年前にこの場所から始まりました。
4月19日からの三日間、8つのタイトルの講座を行いました。
f0175143_22561477.jpg
地元関西をはじめ、遠くは関東・山口県・香川県・長野県などからも受講者が集まりました。
受講された方々の熱心さが伝わってきて、最初の講座はなんと50分オーバー!
それでも皆さんの感想は「そんなに時間が過ぎているなんて思わなかった」との事。
しゃべり続けた90分×8回の講座でしたが質問も活発に飛び出し、ほとんど疲れを感じないほどに私自身が充実した時間を過ごさせていただきました。

f0175143_22562513.jpg
4月22日からは同じ会場で“影山工房 織りもの展”を開催しました。

f0175143_22564165.jpg
築160年のこのギャラリーはご覧の通り畳敷きの純日本建築です。

f0175143_22565359.jpg
紬の反物や帯のコーナー

f0175143_22570947.jpg
富士山ののれんとタピストリー

f0175143_22573120.jpg
カシミヤ ネックウェア、手紡ぎ木綿のマフラーやストール


紬反物“雨ニモ負ケズ” “座繰り紬 黒無地”のほか、のれん“奈良格子” “松煙ダイア”などの
新作を含めた影山工房の布たちを多くの方にご覧いただきました。

公開講座の受講生の皆さん、織りもの展においでいただいた皆様、ありがとうございました。
また奈良・五風舎でお会いしましょう。




[PR]
by kageyama_kobo | 2017-04-28 23:51 | 発表の場

第16回 影山工房 織りもの展 in 奈良

f0175143_09530823.jpg
f0175143_15042086.jpg

お知らせが間際になってしまいました。
4月22日より、奈良・五風舎に於いて16回目の作品展を開催します。

おなじみの定番の布たちに加えて
宮沢賢治の“雨ニモ負ケズ”を織り込んだ紬の反物、
今までで最も細い“蓮の糸”で織ったストールなど
新作をご覧いただきます。

会場は奈良公園の中・東大寺戒壇院を正面に望む水門町の
築160年の古民家。

古都の春の散策を兼ねてお出掛け下さい。





[PR]
by kageyama_kobo | 2017-04-17 16:13 | 発表の場