機織り職人の仕事場から…

<   2017年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

のれんの仕立て

f0175143_11325388.jpg
我が家では“のれん”は織り上がった後は庭に張り、地直しの作業を行います。
実際には刷毛を用いて生地を水で濡らし、経緯の糸をよく馴染ませるのが目的です。

この工程を経た後に仕立ての作業に移ります。

f0175143_11331129.jpg
のれんの仕立ては母が専門に行っていました。しかし高齢化に伴い現在では私がその後を継いでいます。言ってみれば我が家ののれんはすべて“男仕立て”です。

縫い糸には生地の麻糸よりも弱い木綿の糸を用います。何かのトラブルでのれんが引っ掛けられた時、縫い糸が切れることで生地が裂けるのを防ぐためです。

縫い糸が表面に出ないよう、織り糸をすくうように針を進めます。

f0175143_11393465.jpg
影山工房でのれんを織り始めた当初から織り続けている“雨”というタイトルののれんの完成です。




[PR]
by kageyama_kobo | 2017-05-29 12:04 | 仕事場の風景

影山工房+小割哲也 展 in RYU GALLERY

f0175143_09421721.jpg

私の地元・富士宮市にある RYU GALLERY にて、今日から“影山工房+小割哲也 展”が始まりました。
小割哲也さんは同じ富士宮市内で創作活動を行う陶芸家で、この度はギャラリーからの紹介で
ご一緒することになりました。

f0175143_09434420.jpg

白を基調としたギャラリーの空間に私と小割さんの布と陶が浮かび上がります。

f0175143_22383038.jpg

私はのれん,タピストリー,卓布,コットンマフラー,カシミヤネックウェア,蓮糸のストールなどを展示。
小割さんは手捻り・焼き締めの陶器を制作してきましたが、今回は新しい挑戦として“彩色の器”を発表しました。

f0175143_09434420.jpg

私も小割さんも土曜日・日曜日は会場にいます。ご連絡をいただければ平日にも会場に出向きます。
午前11時~午後5時30分開廊で、5/8と5/15の月曜日は休廊日です。
ご都合付きましたら“布と陶器の作品展”にお出掛け下さい。


[PR]
by kageyama_kobo | 2017-05-06 22:58 | 発表の場