機織り職人の仕事場から…

“男に贈る手織りの布 影山秀雄展” in 静岡

f0175143_22055686.jpg
静岡市内にある亀山画廊で二年ぶりの作品展です。

手織りの布というとどうしても婦人物が主体になりがちですが、できることなら自分と同じ男性に私の織った布で男を磨いてもらいたいという思いから、男性を対象とした布を織り続けてきました。

最初に手掛けたのが紬の反物でした。人の手で紡ぎ出された味のある糸との出会いから、シンプルな色柄ながら糸味を活かした底光りのする風合いの布で“男”を輝かせたいと思ったのがきっかけでした。

季節柄、首に巻く布も織りました。冬の定番のカシミヤ、ヒマラヤから届いたヤク、インドネシアに棲む世界最大の蛾・アタカス、ミャンマーからはハスの糸、そしてシルクなど、個性豊かで魅力的な糸を用いたマフラーやストールを織りました。

一番人気のカシミヤのネックウェア(ミニマフラー)もカラフルに並びます。

f0175143_22123185.jpg
私は会期中午後1時から6時頃までは会場にいます。ぜひご都合をつけておいでください。

※12月7日(水)は画廊の定休日です。お間違えの無いように。


[PR]
# by kageyama_kobo | 2016-11-26 23:00 | 発表の場

新柄のれん“松煙ダイア”

f0175143_19471877.jpg
生成り地に松煙染めの絣で麻のれんを織り始めました。織り始めは白地にグレーの棒縞なので囚人服かパジャマ地のような柄に見えましたが、柄が絣に差し掛かると雰囲気が一変します。

f0175143_19474642.jpg
絣に染めた二種類の経縞をずらして柄を織り出します。絣の重なりで白とネズの菱形模様が浮かび上がります。

この大きなずらしの経絣は父と二人で開発した我が家独特の技法です。



[PR]
# by kageyama_kobo | 2016-11-17 20:01 | 色があり柄があり…

久しぶりの“蓮糸のストール”

f0175143_22423248.jpg
久しぶりに“蓮糸のストール”を織り始めました。記録を調べたら前回織ったのは6年も前でした。

f0175143_22424338.jpg
私の織る蓮糸のストールは蓮糸と絹糸を50%:50%で使います。写真に見える生成り色の糸が蓮糸で、濃い色(濃いオリーブグリーン)の糸が絹糸です。そして今回使う蓮糸は今までで一番細く、絹糸の太さに換算すると480デニールです。

この蓮糸と組み合わせるために絹糸を特注しました。
糸屋に注文の電話をしたところ300デニールの座繰りの玉糸があるというのです。そこでこの糸を2本合わせて片撚りとし、600デニールの糸を作ってもらいました。絹糸は精練すると約80%に目減りするので600デニール×0.8=480デニールとちょうど同じ太さになります。

蓮糸にも玉糸にも自然なスラブ(糸に太い細いの変化)があって“糸味たっぷり”の布になりました。織り上げた後、糊落としをすると蓮糸と絹糸の風合いが混ざり合ったとても魅力的な布に仕上がるはずです。

このストールは次の作品展(静岡市・亀山画廊 12/1~13)でお披露目する予定です。











[PR]
# by kageyama_kobo | 2016-10-11 23:16 | 色があり柄があり…

男の黒紬を湯通し…音で分かる布の良しあし

f0175143_12584876.jpg
天気予報をにらみながら昨夜遅く“男の黒紬”の糊落としを行いました。そして今朝、長い雨が続いた後の久しぶりの朝日。湯通しには絶好の薄曇りの空のもと、糊落としを終えた反物を丁寧に水洗し庭に引っ張って伸子を掛けます。

通常は水洗の終わった反物は軽く脱水機にかけてから庭に引っ張ります。しかし黒など濃色の反物は水が滴るくらいの状態で引っ張ります。太陽の熱を吸収しやすい濃色の布は乾燥が早く、水をたっぷり含ませておかないと伸子を掛け終わる前に乾いてしまうからです。

f0175143_12590099.jpg
反物が庭に張れたら伸子掛けです。布が乾く前に終われるよう大急ぎです。竹ひごの両端に短い針のついたものが伸子で、この針を反物の両耳の約1ミリ辺りに刺します。

生地に針を刺す時に“プツッ”と音がします。紺屋に生まれて若い頃から数えきれないほど湯通しをしてきた母が「この“プツッ”て音がしなかったら上等な生地じゃないよ!」とよく話していました。筬の打ち込みの甘い生地はこの音がしないのです。

今回もこの“プツッ”が聞こえて一安心でした。




[PR]
# by kageyama_kobo | 2016-10-04 13:23 | 仕事場の風景

男の黒紬…黒糸を織るための工夫


人間は年齢と共に体の機能がじわじわと衰えてきます。私がその事を実感したのは45歳の頃でした。本やパンフレットの小さな文字が滲んで見えてくる事を知人の眼鏡屋に話したら、「それが老眼だよ!」と一言。そしてその場で老眼鏡を注文したのは言うまでもありません。

その頃からでしょうか、私は細くて濃い色の糸を経糸に使用する時に必ず使う道具があります。

f0175143_01291228.jpg
赤い矢印の先にあるのがその道具で、素材は白い発泡スチロールです。自分の足や綜絖など動く部分と干渉しないよう、そして機にはめ込むようにカットしてあるので、わずかな固定器具で取り付けられます。

左側は織り際が良く見えるよう、そして右側は綜絖と綾棒の間の糸の状態を確認するためのものです。

f0175143_01293492.jpg
この白い背景があることで濃い色の経糸の状態が良く把握でき、特に今回使用している節の多い糸などはこれがあることで綜絖周辺の経糸の節や枝糸をいち早く発見することが可能になります。

f0175143_01292414.jpg
ご覧のように白い背景に黒い糸がくっきりと見えるので経糸が切れてもすぐに発見でき、傷を織る前に手直しが可能となります。

f0175143_01294659.jpg
他の糸に絡んだり綜絖に引っかかったりする枝糸は、早めの発見と対応で作業時間のロスを軽減できます。

f0175143_01295765.jpg
もう一つ老眼対策として行ったのが作業エリアの照明の充実です。天井に取り付けたスポットライトはLED電球なので発熱も少なく、コンパクトであることが気に入っています。スイッチは機に座った状態で手が届く所に取り付けてあります。


f0175143_01300621.jpg
ライトの光軸は綜絖と間丁の間の綾棒周辺に合わせてあります。細い経糸が切れた場合、この辺りでつなぎ直すことが多いからです。

織りの作業の中で理由の分からないストレスを感じるようになったら、照明を改善してみることをお勧めします。きっとかなりの確率でストレスが軽減されると思いますよ。

[PR]
# by kageyama_kobo | 2016-09-30 02:17 | 道具の話