機織り職人の仕事場から…

蓮の糸を織る…最も重要な工程

f0175143_9321777.jpg蓮の糸100%で織る服地。いよいよ本番が始まりました。
経糸は整経長6m・糸数1400本、総延長は8400mにもなります。

糊付けの終わった糸を整経するために木枠に巻き取るのですが、この時点で今後糸のトラブルにつながる要素をすべて取り除かなくてはなりません。

なぜなら機にセットした経糸にはテンションがかかっているため、節や結びこぶを取り除いたり糸を結びなおしたりの作業がとてもやりにくくなるからです。

f0175143_9345297.jpg木枠を巻く座車のハンドルを右手でゆっくり回し、左手の親指と人差し指に神経を集中して糸の節や結びこぶを探します。

f0175143_9352677.jpgf0175143_9354869.jpg
となりの糸に絡みつきそうな遊び糸や筬に引っかかりそうな大きな結びこぶ・ゴミ・節などを丁寧に取り除いておくことで織りの作業が快適にでき、さらに織り上がった布もきれいに仕上がります。

f0175143_9364197.jpg取り外した節糸や切り取った結びこぶなどが半日でこんなに足元に溜まります。

f0175143_9365865.jpg経糸の本数が多いので今回は3回に分けて整経をします。

昨日の朝から夜までかかって全体の1/3の経糸を木枠に巻き整経まで行いました。すべての経糸の整経が完了するのにはあと二日必要です。




[PR]
by kageyama_kobo | 2016-08-19 10:01 | 染めと織りの素材