機織り職人の仕事場から…

2018年 影山工房公開講座 終了

f0175143_19515533.jpg
2018年の影山工房公開講座“織りを伝える”の東京会場・奈良会場が終了しました。
二月の東京会場では34名、四月の奈良会場では18名の受講者を迎え、
私の織物のノウハウを両会場でそれぞれ 90分×8講座=720分 たっぷりお話ししました。
f0175143_19520931.jpg
どちらの会場も、参加された方々の織物に対する情熱はなかなかなもので、
その熱い視線に応えるべく、私も知りうる限りの知識と経験を伝えたつもりです。
この講座で得た知識が、これからの皆様の織物のお役に立てれば幸いです。

私も皆様から頂いたエネルギーを自身の仕事に活かし、
来年は更にグレードアップした講座内容でお応えしたいと考えています。

今までこの講座に参加された皆様、そしてまだ受講されていない皆様、
来年の“影山工房公開講座”をお楽しみに!




※奈良会場での講座に続いて行なった“影山工房 やっぱり紬展”の報告をしたかったのですが、不覚にも展示会直前にカメラの電池がダウンしてしまい画像での報告が出来なくなってしまいました。

会期は三日間でしたが天候にも恵まれ、新緑に包まれた五風舎で気持ちの良い作品展となりました。
今回特に感じたのはブログを見ておいでになった方がとても多かった事です。それも織物をされている方ではなく、布がお好きな方が多かった事は今までになかった事でした。

会場においでいただいた皆様、ありがとうございました。
これからも面白い素材を活かし、多くの方に楽しんでいただける布づくりを目指します。
次の機会にもおいでをお待ちしています。







[PR]
by kageyama_kobo | 2018-04-26 20:36 | 発表の場