機織り職人の仕事場から…

銀座一穂堂 “麻と蓮展”

f0175143_09350087.jpg
本格的な夏の到来を前に、恒例となった銀座一穂堂の“麻と蓮展”に今年も出品します。
夏の素材として親しまれている麻はのれんやテーブルマットを。そして木綿と麻を組み合わせた
ティーマットやコースターなどの卓布シリーズも並びます。

f0175143_10255566.jpg
蓮の糸を使った布は、今回3種類出品します。まずは定番となった蓮糸のストールです。
蓮糸と絹糸を50%づつ使って、網代織りで市松模様を織り出しています。

f0175143_10260856.jpg
二番目は、昨年はサンプルのみ出品した蓮糸85%:絹糸15%のマフラーです。蓮糸の手触りを存分に味わっていただける一品です。
f0175143_10262192.jpg
三番目は今年の新作で、蓮糸にこげ茶とコバルトブルーの絹糸を組み合わせて格子模様を織り出したマフラーです。

私は7月7日(土),8日(日)の二日間、一穂堂に在廊します。



麻と蓮展
銀座一穂堂〔東京都中央区銀座1-8-17 伊勢伊ビル3階〕
2018.7.6(金)~7.14(土) 11:00~19:00(月曜日休廊)




[PR]
by kageyama_kobo | 2018-06-29 11:10 | 発表の場