機織り職人の仕事場から…

藤井慎介 * 影山秀雄 “木と布 二人展”

f0175143_22145604.jpg
f0175143_22150633.jpg

今年も8月に八ヶ岳倶楽部で作品展を開催することになりました。
今回は静岡県裾野市に住む木工の藤井慎介さんとの二人展です。

藤井さんとのジョイントは今回が3回目です。
めったに他の人とのジョイントはやらない私ですが、藤井さんとは特別です。
なぜなら、彼の木工作品と私の布とがとても相性がいいと感じるからです。

藤井さんの木工作品の魅力は、広葉樹を素材とした木の質感とフォルムのバランスの気持ち良さ。
正確な木取りと緻密な仕上げ、その上に彼自身が行う漆の塗装の美しさです。

今回も案内状の撮影のために何点か作品を手にしましたが、
指物や刳り物の技術を駆使して丁寧に作られた作品に多彩な漆の技法で仕上げられた作品には
いつもながらため息が出ました。

案内状では紹介しきれない“木と布の表現の可能性”をきっと楽しんでいただけると思います。
これらの作品が皆様の暮らしの中で活かされたら…というメッセージを
お届けしたいと思っています。

硬い木と柔らかな布のデュエットを、是非お楽しみください。

毎日11時以降には会場に在廊する予定です。
皆様のお越しをお待ちしています。





[PR]
by kageyama_kobo | 2018-07-19 22:57 | 発表の場