機織り職人の仕事場から…

失敗だった試し織り

前回の続きです。
f0175143_23080401.jpg
試し織りの準備も万端、いよいよ織り始めました。
しかし織り付けのこの段階で、これから先が織れなくなってしまいました。
その原因は…。

f0175143_23082799.jpg
今回は経糸に麻糸(白)と木綿糸(紺)の二種類の糸を切り返しで使っています。
綜絖で開口すると写真のように上下くっきり色が分かれるのですが…
上から見たのでは気づかなかった麻糸の毛羽立ちがこの角度からだとはっきりと分かります。

織り方は平織りですが経糸の密度の高い“畝織り”なので、
この麻糸の毛羽が邪魔をして上下の糸が交差出来なくなってしまいました。

f0175143_23083732.jpg
苦肉の策としてこの毛羽立ちを押さえるべく、麻糸に糊を付けます。
綜絖を動かして麻糸だけが上に出るようにし、この上からスプレー糊をかけます。
下の木綿糸や周囲に糊が飛び散らないよう、ご覧のように新聞紙でガードします。

f0175143_23085010.jpg
筬の手前も同様に新聞紙でガード。

f0175143_23085915.jpg
しかし、麻糸の毛羽立ちは糊で抑えられるレベルではなく、経糸の開口は不可能となってしまいました。
したがって織れない経糸は機から外すしかありません。

f0175143_23091081.jpg
“木綿×麻”での試作は失敗に終わり、この糸は残念ながら廃棄処分です。
試し織りは失敗でしたが、この糸使いは間違いだったことが分かりました。

「原因は糸の毛羽立ち」という事で、それでは次に毛羽立ちの無い糸の組み合わせを考えました。

写真上部に見えるのが二番手の“木綿×絹”での組み合わせです。
どのような結果になりますか、お楽しみに。

*************************************************************

今回使った麻糸(ラミー)は今年に入ってから一度使った事がありました。
その時には経糸の密度が今回ほど混んでいなかったので、毛羽立ちは問題にはなりませんでした。
糸が届いた段階では毛羽もなくとてもきれいな糸に見えたのですが
精錬や糊付けなど水を通すことで隠れていた毛羽が起きてしまったのです。

こんな失敗を繰り返しながら、糸の性質を一つ一つ理解していきます。









[PR]
by kageyama_kobo | 2018-09-12 00:01 | 仕事場の風景