人気ブログランキング |

機織り職人の仕事場から…

<   2019年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

経接ぎ(たてつぎ)

f0175143_21394331.jpg
我が家では経糸を接ぐことはめったにないのですが、今回は織る物が経糸の本数が少ない
コースターなので“経接ぎ”を行うことにしました。

私が使う機は長野県飯田市で作られたものです。
綜絖から間丁までの間、張られた経糸とほぼ平行に機の両脇の横木があるため
この横木に板を渡すことで機の上はテーブル状となり、
あらゆる作業がこの上で行えるのでとても便利です。

本来なら空中に綾棒を吊って不安定な体制で行う作業なのですが、この機の構造のお蔭で
椅子に腰掛け平らな板の上で楽な姿勢で作業が出来ます。

f0175143_21395361.jpg
糸の数は184本とそれほど多くはないのですが、それでも一本づつ機結びで接いでいくのには
少々手間がかかります。
f0175143_21400247.jpg
織り終わる経糸と次に織り始める経糸の先端をどちらも真っ直ぐに切り揃えてから結びます。
従ってすべての経糸を接ぎ終えると結びコブはご覧のように一直線に並びます。
f0175143_21401034.jpg
この結び目の部分が綜絖や筬に引っかからないように丁寧に織っていくとご覧のようになります。
一直線だった結びコブの位置が、織り上がった後はかなり不揃いになっています。
経糸は微妙に伸び縮みしながら織られていくことがこれで分かります。

この部分も一枚のコースターに仕上げますが、これは売り物にはしません。
何と言ってもこの一枚には“織り賃”に加えて“経糸のつなぎ賃”も含まれているわけですから、
値段をつけるとかなり高額なコースターとなってしまいます。

そこで、この一枚は我が家でお客様用として使うことにしました。




by kageyama_kobo | 2019-06-25 22:25 | 仕事場の風景

銀座一穂堂 “麻と蓮展” に出品します 

f0175143_10252950.jpg

この季節恒例となりました銀座一穂堂の“麻と蓮展”が今年も開催されます。
麻や蓮を素材やモチーフとした漆・陶器・布・写真などの作品が、梅雨の季節を涼しげに彩ります。
私は、蓮のストール・マフラー、麻のれん、テーブルマットなどを出品します。
銀座方面にお出掛けの折りには是非お立ち寄り下さい。

影山は6月29日(土)・30日(日)の二日間会場にいます。




by kageyama_kobo | 2019-06-23 10:43 | 発表の場

“千切り巻き機”を新調

我が家では“整経台”で経糸の準備をし、この経糸を千切りに巻き取る作業は“床巻き”で行います。
経糸が短い場合や糸に節の無いきれいな糸の場合には“床巻き”は準備が簡単でいいのですが、着尺のような長い経糸や玉糸のような節の多い糸を巻き取る場合は不安定な千切りを足や膝で押さえつけながらの作業が長時間続くため、人間の足腰に大きな負担が掛かります。

若い頃には何とも思っていなかったのですが、私も歳を重ねていつの頃からかこの作業が辛く感じるようになってきました。そこで以前から“千切り巻き機”を作る構想を練ってきたのです。

f0175143_19081480.jpg
三年前に自宅と工房をリフォームした際、この道具を設置することを前提に床に穴を開けておきました。
この穴に合わせた寸法で設計し、友人の木工職人の力を借りて“千切り巻き機”を新調したのです。

f0175143_19082327.jpg
構造は千切りを受けるU字型の部分を台座に斜めに取り付けたものを2個作り、片方に千切りの逆転を防ぐ“巻き取りギア”を取り付けただけのシンプルなもの。これを床に固定すれば準備は完了です。

以前父の機で使っていた“巻き取りギア”が再び活躍の場を得ました。

f0175143_19083392.jpg

巻き取る経糸に適当なテンションを得るため、ロッククライミングの道具の“エイト環”を利用しました。

f0175143_19141063.jpg

エイト環とロープの摩擦を利用するとこんな小さな分銅一つの抵抗で十分なブレーキが掛かり、
この分銅が床をズルズルと滑りながら千切りにはきっちりと経糸が巻き取られていきます。

f0175143_19085738.jpg
巻き取りの作業はご覧の通り。床に開けた穴のお蔭で腰掛けた状態で行なえます。楽な姿勢で仕事ができるので今まで大変だった経糸の節取りなどの長時間の作業がもう苦になりません。

f0175143_19090857.jpg

作業が終わったら道具はすべてこの蓋の中に収納し、後はただの平らな床に戻ります。


今日がこの“千切り巻き機”の使い初めでした。

若干の修正点はあるものの使い心地は上々で、
これで私の仕事の中で一番の重労働から解放されることになりました。





by kageyama_kobo | 2019-06-04 20:10 | 道具の話